動画かいせつPart 1

このページでは、リフティングがまったくできない人や苦手な人でも無理(むり)なく始められる練習方法を動画で紹介(しょうかい)しています。

まずはインステップでボールを正確にはずませることになれるところからスタートして、ワンバウンドをはさんだリフティングを基本(きほん)にしながら、ノーバウンドのリフティングを3回、5回、10回とふやしていきます。

Step 1  「まずはワンバウンド・リフティングから」


いきなりノーバウンドのリフティングをやろうとしても、なかなか続かないものです。僕も少年サッカー時代には、中学生や高校生のまねをして、かっこよくリフティングをしようとしては、挫折(ざせつ)してしまった経験があります。

ボールを落とさないことばかり考えて、ボールを追いかけてボールにふりまわされるのではなく、まずは、インステップでボールをしっかり、真上にあげることができることが大切です。

インステップというのは足の甲(こう)。もっと正確にいうと、足の甲よりももう少し先のところ。足先からシューズのヒモでむすぶあたりの間のところです。

最初は手をつかっていいので、インステップでボールを正確にはずませる感覚をつかんでください。そしてそれができるようになったら、ワンバウンドでリフティングを練習してみましょう。

Step 2 「3回目の壁(かべ)をこえるには」


ワンバウンド・リフティングができるようになったら、いきなりノーバウンド・リフティングができるようになる人は少ないと思います。2回はつづけられても3回目のボール・コントロールが不安定(ふあんてい)になる。これを僕は「3回目の壁(かべ)」と呼ぶことにしました。

大切なのは、ワンバウンド・リフティングでつづける中で、よいタイミングのところでノーバウンドを2回できるようになることです。これができたら3回もできるようになると思います。

Step 3  「5回のぬかるみを脱出(だっしゅつ)するには」


僕が少年サッカー時代にもっとも苦労(くろう)したのが、このインステップで5回のクリアです。「3回目の壁」よりも時間がかかってしまい、まさに「ぬかるみ」の中をすすんでいるような感じだったのをおぼえています。

Step 4  「10回をクリアするには軸足(じくあし)が大切!」


ワンバウンド・リフティングをはさみながらノーバウンドで3回、5回とできるようになってくると、リフティングに自信がもてるようになってきます。できる回数がふえると、おもしろくなってきますね。

いよいよインステップのリフティングをノーバウンドで10回つづけてみましょう。長くつづけるためのコツは、じつはボールをける足の反対がわの足の使い方にあるんですね。この足を「軸足(じくあし)」といいます。軸足の使い方のコツに注目して動画を見てくださいね。


 ⇨ 動画かいせつPart 2のページへ


少年サッカーのためのリフティング練習メニュー